太陽光発電に適した都道府県はどこですか?

日本で太陽光発電システムを設置するならどこの都道府県が適しているのでしょうか。ここでは寒冷地と温暖地のどちらが良いのかを解説しています。

■太陽光発電はどんな地域が適しているのか

狭い日本でも寒冷地と温暖地があります。太陽光発電はどこの地域が適してるのでしょうか。

ここでは温かい地域と寒い地域についてどちらが太陽光発電に適しているのかを考えて見たいと思います。

太陽光発電で発電量を決める大きな要素は何でしょうか。

それはご存知のように太陽からの光の量ですよね。

一般的には、最大の発電効率を得られる設置の仕方は、東京―大阪間では、パネルは真南に向けて、傾斜角30°にすると最適になると言われています。

この条件でなるべく長い時間強い日光があれば、どんどん発電してくれるのですが、残念ながら太陽光発電では温度の高さがマイナスの要因になってしまいます。

■温度が高くなると発電効率が低下する!

意外にも太陽光発電は、温度が高くなりすぎると性能が落ちてしまうのです。

真夏は太陽がさんさんと照っているのでさぞかし発電も盛んだろうと思ってしまいますが、メーカーの調査によると、実は冬場よりも発電効率は20%ほど落ちている可能性があるとの事です。

もう少し詳しく言うと、大体温度が10℃上がるごとに4%の差がつきますので、年間では、季節的には日照時間が長くなるけども、気温もまだ低い2月ぐらいから春先までがピーク発電量が高い時期だったりします。

■温度が低ければ良いのか?

では、温度が低ければ低いほど良いのかというと、そうでもない現実があります。

気温の低さは確かに発電効率アップに繋がりますが、雪が降る可能性も上げてしまいます。発電パネルに雪が積もってしまうと、これはほぼ太陽光を塞いでしまいますので、そもそも発電が出来なくなってしまうのです。

降雪地帯で太陽光発電をするのであれば、間違いなく雪降ろしの作業か、パネルの雪を溶かすヒーターなどの設備の設置が必要になってきますので、当然出費を覚悟しなくてはいけません。

太陽効発電においては、ある程度のセオリーはありますが、その他にもこうした地域ごとの特色に合わせたシステムを組む事が重要になってきます。

最近では、温度の上昇にも強いタイプや寒さに強いタイプなどさまざまな特徴を持つ太陽光パネルが開発されています。メーカーや制品により特徴がありますので、太陽光発電システムを選ぶときは値引き率が高いとかデザインが良いとかだけで選ばないようにしましょう。

■後悔しない太陽光発電の選び方

一番賢い太陽光発電の購入方法は、無料見積もりサイトで一括見積もりを依頼して色々なメーカーからまずはお話を聞くことです。

後悔しないためには、最低でも3社以上から見積もりを取りよせ、システムの特徴を聞くようにしましょう。(見積もりは無料です)


■太陽光発電の設置に適した県はどこ?


日本国内で太陽光発電に適した都道府県はどこでしょうか。実際、この県は不向きだという県はありませんが、より適している県といえばやはり日照時間が長い県ではないでしょうか。

そういうことで、日照時間が長い県として有名な県をいくつか上げてみると、山梨県、高知県、群馬県、宮崎県、静岡県、愛知県、埼玉県などがあげられます。

太陽光発電の埼玉県の情報はこちら!