太陽光発電の未来への課題

太陽光発電最大の課題はなんでしょうか。

それは蓄電です。

現段階においては、余った電力を高い値段で買い取ってくれるため、それほど蓄電に関心がある人はいません。

しかし、10年後、20年後に買取り制度が終了した場合や大幅に買取り価格が下がることを考えると長期的には蓄電技術は非常に重要な課題なのです。

太陽光発電を自宅に設置しても、発電された電力は、必ずしもその場で使われるわけではありません。

都市は昼と夜ではその抱える人口が変わります。昼間は東京のオフィスで働いて、職場の近場や帰宅ルート内の商業施設で買い物、夜は東京から2時間ほどかかる自宅に帰ってお風呂に入ったら即ベッド。このような生活スタイルは勤め人によくみられるものです。

こうした人達が「寝に帰る」郊外の都市をベッドタウンと呼びます。大宮をはじめとする埼玉の諸都市が、ベッドタウンとして大きくなった町の典型例です。


もっとも、最近ではさいたま新都心の開発などによって埼玉の都市機能が格段に向上したため、ベッドタウンとは呼べない地域も増えてきました。どちらにせよ、働いている人にとって、昼間の住宅は意識の外にあり、顧みられることのない場所です。

しかし、太陽光発電は昼間しか行えない発電方法です。日没で発電できなくなってから家主が帰って電気を使い始めるまでの数時間のタイムラグを埋め、夜でも電気を使えるようにするのが太陽光発電用の蓄電池です。

太陽光発電をする際、余った電気を売電せずに充電しておきたい場合は、発電設備の他に蓄電池も導入する必要性があります。価格は60万~100万円台(パナソニック社)と高額ですが、各自治体の補助金制度や売電を利用して、イニシャルコストの回収をはかることが可能だそうです。




どこの県が太陽光発電に適しているのか?

埼玉も太陽光発電が適している県のひとつにあげることができます。埼玉県は日照時間が非常に長く、太陽光発電に適した地域といわれています。導入を考えたなら、まずは、複数の業者に見積りを依頼してみましょう。

見積り依頼により、一度にすべての情報が手に入ります。たとえば、どれぐらいの価格で設置できるのか、補助金はどれぐらい出るのか、何キロワットの設備が設置できるのかなどがわかるのです。一括見積りサイトは、0円で見積りが出ますので、ぜひ活用してみましょう。


<< トップページに戻る